先日のM1グランプリで“ある芸人以下A”ふた事で“審査員

先日のM1グランプリで“ある芸人以下A”ふた事で“審査員。Aは主に2人いますね。先日の「M1グランプリ」で“ある芸人(以下「A」)”ふた事で“審査員の人(以下「B」)”激怒させたいう事件あったらいの、いったいあったのでょうか
Bの採点厳 かったのA文句言った所、B逆ギレたのでょうか

Aは主に2人いますね。Aたちは、Bの採点が厳しかったため文句を言ったのではなく、Bは自分の好みで審査している。Bは自分の感情だけで審査していると文句をつけました。なので正しくは、quot;Bの採点は好みや感情だけでしていて、それに対してAたちがInstagramで文句を言った所、騒ぎになったquot;ということです。しかしBさんは関西の女漫才師の大ベテランです。そんなBさにAたちはとんでもないことを言ってしまいましたね。でも、さすがBさんです。後日AたちがBさんに直接謝罪を頼んだところ、Bさんは、怒ったり落ち込んだりは全く見せず、「気持ちは受け取りました。私はあのようなこと、気にしていません。お断りします。」と、落ち着いたところを見せました。さすがだなと思いました。①か②だと思いますよ。③はありえないです。Aたちは、とても酷い、許されないことをしました。しかしそのうちの1人は、ベテランにたいして、女性に対しても酷いとされることを言ってしまいました。ですので、Aたちのうちその1人は、テレビ追放のウワサが出ていますね。一方、Bさんは、引退しますと宣言しました。しかし、何年も前から審査員を務めていらっしゃいます。ですので、スタッフやマネージャーが、引退をとめていると思いますよ。要するに審査員はYにしてくれ、と言うことだろう。Y以外だと何だって噛み付くだろうし、Yなら後で説教されるから萎縮して、分かりましたー、とでも言うだろうからな。この後、②はないと思います。私は①だと思います。てか、①じゃないといけないと思います。百歩譲って③もアリだと思いますが。大御所Bがそうするんじゃないかな…と。違います。Bの審査の時の発言がまるで「好き嫌いで点をつけているように受け取られるもの」であった為、Aが「好き嫌いで点数をつけている」と勘違いし、そんな審査をされるとM-1に全てを掛けている芸人全員が報われないと零した愚痴をネットにアップしました。?Aは別に自分への採点に文句を言っている訳では無い。?Bが好き嫌いで点数をつけたという事実も実際は無い。?Aの言動に対してBが激怒したという確かな情報は無い。これが違う点です。

  • GoToトラベルキャンペーン最新情報 また宿泊後の割引や
  • 付帯工事費とは 家はローンを組むのですが家本体付帯外構で
  • "インナー 普段着では特に問題ないのですがイン
  • プレステ3 これに加え2007と2009に初期のリメイク
  • 腹まきウール まだベビーサイズですがこの先大きくなったら
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です