シンゴジラ 質問令和日本版ゴジラのメガホン撮るたら原点復

シンゴジラ 質問令和日本版ゴジラのメガホン撮るたら原点復。新たな原点路線で行きたいですね。質問、令和日本版ゴジラのメガホン撮るたら原点復帰路線、新たな原点路線、どちらで行き シン?ゴジラ。2016年夏に公開され。日本映画として年間第2位の大ヒットを記録。庵野
秀明総監督と樋口真嗣監督が首都圏を舞台に怪獣ゴジラVS日本政府&自衛隊の
激闘を描いた大作!小栗旬「ゴジラvsコング」撮影現場を回想。「モンスターバース」の本として「 ゴジラ」と「キングコング。
髑髏島の巨神」がクロスオーバーする本作。舞台は巨大怪獣たちの戦いによって
壊滅的な被害を受けた地球だ。人類が各地の再建を計る中。特務機関シンゴジラ。日本を代表するキャラクターのひとつ「ゴジラ」の新たなプロジェクトとして
始動した完全新作のアニメシリーズ『が監督と特技監督を務め。世界的怪獣
キャラクター“ゴジラ”を日本版としては年ぶりに復活させた特撮アクション
大作。ゴジラが辿ってきた歴史を振り返りながら。今作がヒットした理由と。
作品に込められたメッセージを解説していきます。さらにその原点は年
月?

ゴジラシリーズとは。映画配給会社?東宝より制作。配給された特撮怪獣映画シリーズで。年に第
作が公開されるや日本のみならず世界中で大ヒットをまたこの頃。ゴジラ
以外にも『モスラ』や『空の大怪獣ラドン』『大怪獣バラン』など。新たな怪獣
スターが東宝によってそのため年の『キングギドラ』以降は明確に
ファミリー向けの路線に軌道修正した。当初は年の公開を目指していたが
製作は難航し。おかげで年で終了予定だった日本版ゴジラが年まで作
られる事に

新たな原点路線で行きたいですね。社会問題やテーマ性などという考えを捨て去り、何も考えず観て楽しい、ジェットコースターに乗っているような娯楽大作がいいです。もう原点復帰は無理でしょ1950年代の話にしても嘘っぽいし新たに作るしかないゴジラ映画の原点は1954年版で間違いないんですがそれでも、ゴジラの原点とは!と問われると、割と人それぞれで解釈が違いますから原点回帰だろうが、新たな原点を狙おうが、火中の栗を拾うようなものです。もし、チャンスがあっても余りやりたくないですね。ちなみに私、学生時代、部活で多数の友人から、お前は光も影も色もわからないから演出は無理だ!と指摘され、演出から脚本担当に転向した経過があります。できたとしても、シナリオです。でNAKA雅MURA氏が昔やったように、ゴジラも怪獣も一切出てこない、特撮も使わない、ゴジラの出現で市井の人々が右往左往するゴジラ映画なら書いてみたいですね。また、私は、ゴジラは荒神だと思っていますから神道と祟りと民俗学、日本人の思想の歴史柳田國男に丸山眞男GMKを更に突き詰めて日本人はどこから来て何処へいくのかをテーマに諸星大二郎的世界観でゴジラを書いてみたいような気もします。新たな原点路線でいきたいかな。今のちびっこにもゴジラを知ってもらいたいから。シンゴジラはちょっと変化球すぎたから。CGのゴジラで。モスラと戦わせたい。ヒットを狙うなら新たな原点路線ですが、過去のファンに楽しんでもらおうと思ったら原点復帰路線です。儲けを考えると新たな原点路線で新たなファンを掴むということですね。どちらかというと原点に戻りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です